Hysteric Sugar

★★★のんびり更新してます★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤毛

赤毛ちゃん♪


赤毛のアンより

 色褪せた茶色の水兵ぼ鵜のしたからはきわだって濃い赤っ毛が、二本の編み下げになって背中にたれていた。
小さな顔は白く、やせているうえに、そばかすだらけだった。
朽ちは大きく、おなじように大きな目は、そのときの気分と光線のぐあいによって、緑色に見えたり灰色に見えたりした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神様は意地悪だわ。にんじんの様に赤い髪や、マッチ棒のようにガリガリに痩せた女の子に魅力を感じる人はいないと思うの。
ホンの少しでいいから、豊かな黒髪にグラマラスでチャーミングな女の子にしてほしかった。

そうしたら、たくさんの人から愛されて幸せな人生が送れるはずよ。
 
いいえ、たくさんの人に愛されなくてもいいわ。たった一人の人に、心から愛される女性になりたいの。
 
指先でつまんだ赤毛は、光で透けてもっと赤く見えた。私を、ますます憂鬱な気分にさせるには十分すぎた。もしかしたらなんて、夢をみる事も許されないのだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんて…。書いてみました。

banner_03.gif励んで、生産します!
スポンサーサイト

| Illustration | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikeya.blog20.fc2.com/tb.php/18-ef423c67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。